ピルを飲むと不妊になるって本当?

日本での避妊方法で最も一般的なのがコンドームの使用です。
コンドームは精子の子宮内への侵入を物理的に防ぎますので、信頼できる避妊具だと言えます。
避妊には低用量ピルやアフターピルという選択肢もあります。
ピルはコンドームのように装着するのではなく経口避妊薬、つまり飲み薬です。
対象は女性になります。

購入方法にはピル 通販を利用するか、病院で処方してもらうかの2パターンあります。

女性がピルを服用すると、人工的に排卵終了後の黄体期と同様な内分泌状態を持続させる事となり、排卵を停止させます。
従って、避妊効果があるのです。
但し、ピルはコンドームに比べて大幅に利用者が少ないのが現状です。
原則、病院で処方してもらわなければ入手できない、コンドームに比べて信頼性が低い等、ピルの利用者が少ない理由は様々な事が考えられますが、その中の1つに副作用が挙げられます。
確かに、飲み薬であるピルは、装着するだけのコンドームに比べると圧倒的に副作用を生じさせる確率は高いと言えます。
事実、偏頭痛、吐き気や嘔吐、イライラ等といった副作用の報告があります。
また、長期で服用すると発癌性等の可能性が指摘されていますし、子宮筋腫、糖尿病を悪化させる可能性があるとも言われています。
そして、副作用の1つとして噂されているのが不妊です。
避妊薬ですから不妊と直結していると考え、不妊の可能性の疑うのは当然なのかもしれませんが、ピルを飲むと不妊になるって本当なのかという疑問の答えはNOです。
ピルには副作用の他にも副効用があります。
副効用とは、生理周期の安定、生理痛の軽減、経血量の減少等、月経に関するものです。
その副効用を期待してピルは、避妊以外にも生理周期の変更や月経困難症の緩和、子宮内膜症の治療等にも使われているのです。
更に現在では、副効用を利用して不妊予防、不妊対策に使用している例もあります。
ですから、ピルを飲むと不妊になるというのは、まったくの誤解です。
また不妊や生理周期の乱れによってはお肌のトラブルにも繋がる場合がありますので、こういった点からもピルに対する正しい知識を身に付けておく必要があると言えるでしょう。
これらの点を解消したあとは、綺麗なお肌を目指してコスメにも力を入れていくことができます。
ピルの他にも女性のお肌にシミ取りを目的としてハイドロキノンなどの成分が配合された効果的な美容商品も病院で処方されています。
より健やかな生活を目指して女性として生き生きと活動していきましょう。