ピルを服用すると身体に不調をきたす…と誤解されている方は、まずはこちらをご覧ください。

ピルを服用すると体が悪くなるのは本当?

ピルの費用と保険が適用される場合

健康保険と費用避妊効果がある薬にピルがあります。ピルは服用することによって、体のホルモンバランスを妊娠している状態に近くすることができるために高い避妊効果がありますが、入手をするためには、医師の処方箋が必要となるために、産婦人科などの医療施設を受診して、医師から処方箋を発行してもらう必要があります。
ピルを処方してもらう場合には保険が適用されず、実費にて支払うことになりますが、目安としては初回の検査を含めて1万円程度となっており、ピル自体の費用としては、概ね、1ヵ月1シート計算で2,000円~3,000円程度となります。費用は医療施設によっても違いがあり、処方を希望する場合には事前に確認をすることが必要であり、また、確認をすることによって継続することへの判断を行うことにつながります。ピルは、ドラッグストアなどの一般小売店では入手をすることができないことやや費用の安さから、個人によっては通販を利用する場合もありますが、そのような場合には使用に対してのリスクも自分で負う必要があり、よく製品の内容を確認してから利用する必要があります。
ピルは、条件を満足すれば保険が適用される場合があります。その条件とは治療目的で使用される場合に限って適用となります。ピルには低用量、中容量、高容量と3つのタイプがありますが、最近では超低用量の物も増えており、その多くは避妊に用いられています。ピルは避妊目的の場合には保険の適用はされず、あくまでも病気の治療が目的の場合のみ、その対象となります。例えば、子宮筋腫や子宮内膜症の治療に用いられる中容量タイプがこれに該当し、この場合には月経時の出血量が増えたり痛みがひどくなることが多いため、それを緩和する薬として処方されることになります。他にも、日常生活に支障が出る症状がある場合にも該当し、治療と認識された場合には健康保険適用となります。