ピルを服用すると身体に不調をきたす…と誤解されている方は、まずはこちらをご覧ください。

ピルを服用すると体が悪くなるのは本当?

個人輸入で購入するピル、その避妊ができる仕組みとは

海外で購入したピルを飛行機で輸入日本でピルを購入する場合、多くは医師の処方するものを購入することになりますが、中にはより価格の安い個人輸入という形でピルを購入するケースもあります。この場合、日本様に売り出されている製品ではなく、海外向けに売り出されているものを自己責任で取り寄せていくことになります。自己責任とは言いつつ、その成分は日本で処方されているピルとほぼ同じなので、ある程度ピルの服用に慣れた人であれば何の問題もなく購入が可能なのです。
しかもこの個人輸入という方法、購入する製品によっては日本で処方されているものに比べかなり安く費用を抑えていくことが出来ます。まとめ買いにも対応しているところが多いので、家計の負担を減らしたい、クリニックに通う手間を出来るだけ少なくしたいという人にも打ってつけです。
通常、個人輸入で購入するピルには黄体ホルモンと卵胞ホルモン、二つの女性ホルモン成分が含まれています。この二つのホルモンがホルモン成分を分泌する脳下垂体という器官に働きかけ、排卵を止めることができるのです。さらに子宮内膜の状態も妊娠がしにくい状態にしていくことが出来るので、高い確率で避妊が可能な仕組みになっています。
この仕組みは毎日、同じ時間に錠剤を服用することで初めて効果を発揮するものです。1日以上飲み忘れがあったり、錠剤服用後すぐに嘔吐してしまえば、その避妊効果は薄れてしまうので注意が必要です。対策方法によっては次の生理が始まるまで避妊効果を得られないこともあるので、必要に応じてコンドームやその他の避妊方法を活用していくことをお勧めします。避妊目的でピルを使用してい行く場合、このホルモン成分の仕組みを十分にふまえた上で使用していくようにしましょう。